山口瞬太郎建築設計事務所

SHUNTARO
YAMAGUCHI
ARCHITECTS

オンラインの設計相談、承ります。

・実家があと何年使えるのか知りたい。
・持っている土地をどう活用するのが良いのかアイディアを出してほしい。
・自分たちが住む家だけど将来的に貸したり、売却したりしやすいように設計できないだろうか。
・二世帯住宅を建てたいけど自分たちの土地に希望する間取りが入るのかな。
・アパートや店舗を建てたいけど、どれくらいの利回りになるのか分からない。
・ホテルや民泊に興味があるけど収支や運営方法を教えてほしい。
・いま住んでいる家をリフォームした方が良いのか、建て替える方が良いのか分からない。
・購入候補の土地があるけど、購入するかどうか悩んでいる。
・中古マンションを買ってリノベーションして住みたい。
・こんな土地を探しているんだけど。
・銀行融資を受けられる資料を作成してほしい。

これらは僕が実際に相談にのってきた案件です。
他にも、崖地に家が建てられるのか調べてほしい、工事途中の建物をホテルに用途変更できないか? コンテナで家が作れないか?など様々な相談を受けてきました。
多くの方は設計事務所がそんなこともするんだ、
とびっくりするでしょう。
そうです、設計事務所は図面を書いて、 建築基準法に適合する建物を設計することが本来の仕事ですから。
でも、設計を始める前段階の問題が実はとても多いのです。
これらの相談を受けるにつれて、土地、建物、 行政、お金が絡み合う複雑な問題を、 中立な立場で横断的に提案できるのは建築士の大きな職能ではないだろうかと考えるようになりました。 設計事務所と聞くと、土地や予算が決まってからじゃないと訪ねてはいけないんじゃないだろうかと思っている方がたくさんいます。

むしろ逆で、条件が決まる前に相談してもらう方が良いのです。
難しいと諦めていませんか? まずはご相談ください。一緒に考えましょう。初回は無料です。
さらに具体的な相談にのってほしい場合や、精度の高い提案を希望される場合は、 別途お見積もりをお出しします。
お持ちの情報を送って要望を教えてください。
※土地の測量図や場所、公図、登記簿、手書きのメモなど何でもOK 資料が足りなけば、こちらからお聞きします。 Zoom、Skype、LINE、メール、ChatWork、Twitter何でもOKです。 日時を決めてオンラインで打合せしましょう。 自宅なら家族やお子さんの面倒も見ながら気楽に打合せできます。
もちろん今まで通り、対面での打合せも可能です。
ご連絡お待ちしています。

山口瞬太郎

PROJECT

NEWS