山口瞬太郎建築設計事務所

南風原の老人福祉施設Nursing home in Haebaru

旧施設の老朽化に伴う新築移転計画

移転先の丘の豊かな自然を最大限残しつつ、旧施設が持つ「閉鎖的」な印象を
「明るく」「開放的」で「家族や地域の方も遊びに来たくなる」施設にすることが求められました。
吹抜けのあるエントランスホールは入居者の方と地域の方の交流拠点や、職員同士の交流場所、
イベントスペースも兼ねており、上階の生活場所と吹抜けを介して見えたり聞こえたりできるようにしています。
手摺を兼ねた木のルーバーは、車いすの方や寝たきりの方でも景色が眺められるような形状としつつ、
沖縄の日射や台風から守る装置になっており、自然豊かな景観に溶け込むような建築を目指しました

photo / Koichi Torimura

場所 沖縄県島尻郡南風原町
敷地面積 16,628.53m2
建築⾯積 1,755.61m2
延床⾯積 6,004.64m2
構造規模 鉄筋コンクリート造 地上4階建て
竣工 2016年3月

株式会社タムタムデザインとの共同設計

PROJECTプロジェクト

トップページに戻る